札幌工業高校インターンシップ

今年も札幌工業高校の生徒を

インターンシップで3名受け入れしました。
4日間でしたが・・・・
最終日は先輩達と交えて

昼食会を予定していたのですが・・・


北海道胆振東部地震が発生してしまい


残念ながら3日間のインターンシップとなりました。


一部地域が、限定的に大変な事になっており

被災された皆様には

心よりお見舞い申し上げます。

速やかなご復興をひたすら祈念いたします。


お陰さまでインターンシップの

学生さんたちも社員全員無事でした。


当社はテレビやSNSで言われるほど

大きな被害状況はありませんでした。
事務所内はキャビネットやパソコンが

倒れたりしておりましたが

当日の夕方には原状回復し

今では通常の日常と変わりなく

業務を遂行しております。

 

3人とも、とても真面目でしっかりした

生徒さんたちでした。

短い期間でしたが、今回インターンシップに

参加してくれた学生さんたちは

口を揃えて仕事がおもしろい!

楽しかった!といっておりました。


設計業務のインターンシップを受けた佐々木くんは

飲み込みがとても早く学校では

パソコン部で活動しているそうで

今年の新入社員が指導にあたったのですが

直ぐに図面を作図する佐々木くんにびっくりしていました。

札幌工業高校卒業の大場さんから指導をうけてます。

 


 

工場製作のインターンシップを受けた白鳥くんは

タイミング良くサッシの製作を手伝えたそうで

当社の社員の一員のように製作しておりました。

物づくりの楽しさを体験できたようで

本人も楽しかったと毎日言ってくれました。


札幌工業高校卒業の野田くんです

 

もう一人の嶌本くんは

タカフジ興産の施工現場でのインターンシップでしたが

建築現場は多くの業者を取りまとめて

一に安全、二に安全と、多くの安全に

配慮しなくてはいけない事に

びっくりしていたようですが

やりがいのある仕事に

大変興味を持ってくれたようです。

 

 


もっと、たくさん働く喜びを

知ってもらいたかったのですが残念でした!


株式会社タカフジも株式会社タカフジ興産も、

学生に知ってもらえる機会があり大変良かったです。


特に人に教えることは

自分が理解していないと教えることができないので

今年の新入社員にとっても、良い機会となりました。


札幌工業高校の先生方、学生の皆さんありがとうございました。

 

株式会社タカフジ